えかきーは、イラストをがんばりたい人向けの情報サイトです。

【ネタバレなし】映画『君たちはどう生きるか』を観るか迷っている人へ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、おさしみちゃんです。
スタジオジブリ新作『君たちはどう生きるか』を観てきました。

個人的にはめちゃくちゃ良かった。
めちゃくちゃ良かったので、迷っている人の背中を押すべく、何が良くてオススメなのかネタバレなしでお伝えしたいと思います。

おさしみちゃん

クリエイターは特に、観ても絶対損はない!

これぞ、スタジオジブリ!

スタジオジブリ作品と言えば、何を思い浮かべますか?
『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』、このあたりはどのサイトのランキングを見ても上位に食い込んでいる人気作品ですよね。

おさしみちゃん

わたしは『ハウルの動く城』が好き!

以下はスタジオジブリの映画作品の年表です。

風の谷のナウシカ監督: 宮﨑駿 (1984)
天空の城ラピュタ監督: 宮﨑駿 (1986)
となりのトトロ監督: 宮﨑駿 (1988) ※同時上映「火垂るの墓」
火垂るの墓監督: 高畑勲 (1988)※同時上映「となりのトトロ」
魔女の宅急便監督: 宮﨑駿 (1989)
おもひでぽろぽろ監督: 高畑勲 (1991)
紅の豚監督: 宮﨑駿 (1992)
平成狸合戦ぽんぽこ監督: 高畑勲 (1994)
耳をすませば監督: 近藤喜文 (1995) ※同時上映「On Your Mark」
もののけ姫監督: 宮﨑駿 (1997)
ホーホケキョ となりの山田くん監督: 高畑勲 (1999)
千と千尋の神隠し監督: 宮﨑駿 (2001)
猫の恩返し監督: 森田宏幸 (2002) ※同時上映「ギブリーズ episode2」
ハウルの動く城監督: 宮﨑駿 (2004)
ゲド戦記監督: 宮﨑吾朗 (2006)
崖の上のポニョ監督: 宮﨑駿 (2008)
借りぐらしのアリエッティ監督:米林宏昌 (2010)
コクリコ坂から監督: 宮﨑吾朗 (2011)
風立ちぬ監督: 宮﨑駿 (2013)
かぐや姫の物語監督: 高畑勲 (2013)
思い出のマーニー監督: 米林宏昌 (2014)
レッドタートル ある島の物語監督: マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット (2016)
劇場版 アーヤと魔女監督: 宮﨑吾朗 (2020)
君たちはどう生きるか監督: 宮﨑駿 (2023)

宮﨑駿さんの監督作品はなんと10年ぶり。
『風立ちぬ』で引退宣言をされて以降、本当に作品の発表がなかったので「今回は詐欺じゃないんだ…」と少し残念に思っていました。(2017年に撤回されましたが)
そんな中での『君たちはどう生きるか』公開。

わたしの一番はじめの感想は、
「宮﨑駿の全力右ストレートを真正面からくらった」
でした。

ジブリ作品はどれもおもしろいのですが、やはり初期頃に公開されたファンタジーな世界観の作品や冒険活劇の作品はいまだに根強い人気を誇っていて、近年公開された作品がその代表作に名を連ねることはなかなかありませんでした。

けれど『君たちはどう生きるか』はまさにジブリ初期作品たちを彷彿とさせる仕上がりになっています。
それは映像であったり、演出であったり、表現であったり。

これは個人の主観ですが、『千と千尋の神隠し』や『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』など今までのジブリ作品の集大成、それでいて、全く新しい作品だったと思います。
(わたしは上記三作品を強く感じましたが、『もののけ姫』『風の谷のナウシカ』『紅の豚』などをあげている方も多く見受けられます)

平成生まれのわたしは初期作品を映画館で観ることがかなわなかった(未就学児の時に『千と千尋の神隠し』を劇場で観た記憶がほんのうっすらある程度)ので、『君たちはどう生きるか』を劇場で観られたことに非常に感動しました。

宮﨑駿監督は現在82歳。今回の作品の制作に6年という長い年月をかけています。
次、宮﨑駿監督の作品を劇場で観られるのはいつだろう。そもそも、次があるのか。

過去作のリバイバル上映が行われることもありますが、宮﨑駿監督作品が確実に劇場で観られる「今」、観に行って欲しいと強く思います。

おさしみちゃん

映像の迫力久石譲神の音楽はぜひ劇場で浴びて欲しい!

考察班の血が滾る

カヘッカヘッカヘッ

ストーリーに関しては、正直難解な類いです。
今、「ストーリーをざっくり説明して!」と言われても説明できません。
(ストーリーよりももっと大きなテーマであればわたしの中に答えがありますが、そちらはここでは伏せます。)

長い夢から目覚めた後の、断片的に記憶はあるものの、筋の通った説明はできないふわふわとしたあの感じに近い感覚。

登場人物のバックボーンや感情の遷移などもほとんど語られず、突然事象としてセリフや行動を投げつけられるので、「どうして!?」と思う箇所もしばしば。

ただ、こういった作品、考察班の血が滾ります。

想像の余地が十二分にある上、解釈も結論もすべてこちらに委ねられて終わるのです。
考察するの大好き&人の考察読むのも大好きなわたしとしては、ここ数日のパブリックサーチが非常に捗りましたが、「物語の結論をちゃんと作中で描いて欲しい人」にはあまり向いていないかもしれません。

宮﨑駿、最後の作品?

宮﨑駿監督といえば、引退するする詐欺で有名ですよね。

結構毎回、引退したい意思を主張しています。
『君たちはどう生きるか』公開以降、宮﨑駿監督のコメントなどはまだ出ていませんが、前述した通りジブリ作品の集大成と感じられる内容に、82歳という年齢。

わたしはこれを見てしまうと『風立ちぬ』じゃ不完全燃焼だったろうなと思わざるを得ないと思うと同時に、宮﨑駿監督、本当に引退しちゃうかもとも思いました。

そのくらい、宮﨑駿監督の全力を感じる作品だということです。
もちろん引退してほしくないですし、宮﨑駿監督の新作がまた見られたらとは思いますが、お身体に気をつけていただくのが一番ですね。

劇場に行こう!

どうでしょうか。『君たちはどう生きるか』観たくなりましたか?
あくまで個人の主観によるオススメではありますが、迷っている方の背中を押せたなら幸いです!

おさしみちゃん

わたしは今週末に2回目を観に行ってくる!

Twitterやってます!

記事紹介や絵描きさん向けアンケートやってます!

記事紹介やお絵描き、推し活など絵描きオタクによる交流向けアカウントです!

おさしみちゃん

ぜひフォローよろしくお願いします!

created by Rinker
¥2,970 (2024/05/20 05:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
主婦の友社
¥1,760 (2024/05/20 05:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が良いと思ったら是非シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です