えかきーは、イラストをがんばりたい人向けの情報サイトです。

デジタルイラスト初心者は何からやれば良い?まずこれをやろう!

デジタルイラスト初心者はまずこれをやろう!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは!お絵描き歴だけは立派な絵描きミートポーク・ニクスキーです。

コロナ禍のおうち時間を利用して絵描きを志す方が増加したのを皆さんはご存じでしょうか。

そして規制が解除された今もなお、若年層から熟年層まで年齢問わず増加しているように感じます。

(実際に絵を始めた友人からイラスト上達に関しての相談をされる事も多くなりました。)

またデジタルイラストに挑戦するにあたって「何から始めたら良いか分からない!」と思っている初心者の方がとても多いなとも感じています。

今回はそんなデジタルイラスト初心者の皆様のために

  • デジタルイラストを始めるために必要な道具
  • デジタルイラストの練習方法
  • 大事にしてほしい心がけ

について、ご紹介していきたいと思います。

そして今回はさらに

  • とにかく楽しく趣味で絵を描きたい!「お絵描きエンジョイ」タイプ
  • しんどくても良い!本気で絵に取り組みたい!「お絵描きガチ」タイプ

この2つのタイプ別でご紹介していきます。

自分に合ったタイプを参考にしてみてください!

ミートポーク・ニクスキーとは

新しい絵の技術やお絵描き機材を見るとすぐ飛びついてしまう習性がある企業勤めイラストレーター 兼 副業絵描きライター。

繊細さんなためか気圧の変動に激しく弱い。

デジタルイラスト初心者① お絵描きエンジョイタイプ

お絵描きエンジョイタイプにおすすめなデジタル機器

お絵描きエンジョイタイプの方には機器の性能や描き心地よりもとにかくすぐに始められるデジタル機器またはローコストで手に入るデジタル機器がおすすめ!

1.自分のスマホ

自分のスマホ

もっとも気軽で身近なデジタルイラスト用機器と言えば何と言っても「自分のスマホ」がおすすめです。

こちらはローコストと言うかほぼ全ての人が持っているであろう機材をお絵描きに使っちゃおう!という感じです。

無料で使えるペイントアプリも多いので、その点においても気軽さNo1。

ちなみにスマホにはiPhoneとAndroid端末が存在しますが、どちらでもお絵描きは可能です。

ご安心ください!

こんな感じで指でのお絵描きもできる。目指せ指絵マスター!

▽あると便利な道具

タッチペン(スタイラスペン)

指でのお絵描き無理!ストレス溜まる!という方にはタッチペン(スタイラスペン)を使うのがおすすめです。

指と比べたら格段にペンと紙に近い状態で描けます。

また、スマホで使えるタッチペン(スタイラスペン)は100円均一でも購入可能だったりします。

より気軽に始めたい方は百均スタイラスペンでも十分!

2.家にあるタブレット

自分のiPad

スマホ同様に、タブレット(iPad/Androidタブレット)でもお絵描きが可能です。

むしろこちらの方が画面が大きいので描きやすいんじゃないかなとも思います。

すでに家にあるよ!という方はスマホよりこちらの方がおすすめかも!

Fire HD 10とFire Max 11の比較サムネイル
▽あると便利な道具

タッチペン(スタイラスペン)

iPadとスタイラスペン

タブレットでも先ほどご紹介した百均のタッチペン(スタイラスペン)が使えます。

物によっては専用スタイラスペンも存在しますが気軽に始めたい!という方はまずは百均のタッチペン(スタイラスペン)から始めるのがおすすめ!

3.電子メモパッド

電子パッド

これで描いた絵をデジタルイラストと呼べるかは分かりませんが気軽さでいうと電子メモパッドもおすすめ。

色は塗れませんが、端末自体が軽くてパッと始めてパッと消せるし紙のようにゴミが出る事もないので気分転換の落書きなんかにもおすすめです。

ちなみにこちらも100円均一で買えます。

お絵描きエンジョイタイプにおすすめな練習方法

とにかく楽しく描く!を意識して先のことは考えず、今興味のあるものを描いてみましょう!

例えば

  • 描いてみたい!と思う絵をトレース!(※)
  • 模写!(※)
  • 描きたい部位だけ描く!

など、絵を始めてみたい!と思ったその衝動のままに好きな事から描いてみてください。

(※)トレース、模写をする場合は練習だけに止め、ネットにアップロードするのはやめましょう!

また、描きたい衝動はあるけど何を描いたら良いか思いつかない方や、線を描くのは嫌だ!色塗りだけしたい!という方には塗り絵専用アプリなんかも世に存在するのでおすすめです。

お絵描きエンジョイタイプに大事にしてほしい心がけ

先ほども言いましたがお絵描きエンジョイタイプの皆さんはとにかく楽しく描く!を大事にしてください。

描いてて楽しくないな…モチベ上がらないな…という事はしなくてOKです。

お絵描きに限らず、楽しさを求めて始める初心者さんは、楽しさを感じられないとすぐに辞めてしまう傾向があります。

当然ですよね。

なのでまずはしんどい事はやらず楽しい事を優先してモチベを保ち、描き続ける事が大事です!

モチベを保ってたくさん描いているうちに上達もしますし、お絵描きガチタイプに転身していくパターンもあります。

まずは楽しい事をやりましょう!

デジタルイラスト初心者② お絵描きガチタイプ

お絵描きガチタイプにおすすめなデジタル機器

お絵描きガチタイプの方には揃えるためのコストはかかりますが、より性能が望める機材やクオリティの高い作品が生み出せる機材を準備するのがおすすめ!

1.デスクトップPC(Windows)

やはりガチで絵を描くのであれば断然デスクトップPCがおすすめ!
その中でもOSは個人的にはWindowsがおすすめです。

一昔前まではクリエイター向けソフトがMacにしか対応していない/色の再現性の違いなどの観点からクリエイターならMac!と言われていましたが現在はそんなこともありません。

逆に現在はWindowsの方が断然利用者が多く、対応ソフトの数やユーザー間での情報交換の多さで見ても断然Windowsが上です。

またWindowsはPCを一から組み上げる事ができるため、自分が求めているスペックのPCを自作する事ができるのも強いです。

(ちなみに筆者はWindowsとMacの2台持ちです。どっちも好き。)

世の中に存在している「クリエイター向けPC」もOSはWindowsです。気になる方は要チェック!

▽合わせて準備しよう

ペンタブレット

ペンタブレット

PCでのお絵描きと言えばやはりペンタブレット!

これが無いと始まりません。その中でもやはりおすすめは液晶タブレットですが、液晶タブレットはどうしても前屈みになりがちなので姿勢を気にされる方には板タブレットもおすすめです。

現在色々なペンタブレットが発売されていますが、本気で絵に取り組んで行く覚悟なのであれば値段は高くともメーカーがこだわり抜いて作られた製品を買ってみるのがかなりアリかなと個人的に思ってます。

2.iPad Pro 12.9インチ

PCと張り合えるガチなお絵描き用機材その2は「iPad Pro 12.9インチ」です!

iPadやiPad Airではなく「iPad Pro」を選びましょう。

というのもiPad ProはiPadシリーズ中最大サイズである「12.9インチ」が選べる上にディスプレイの画質や処理速度が他のiPadシリーズよりも優れているからです。

特にiPad Proに搭載された「ProMotionテクノロジー」によるApple Pencilの追従性の違いはかなり顕著です。

▽合わせて準備しよう

Apple Pencil

iPadでガチのお絵描きをするならApple Pencilは外せません。必ず買いましょう!

また、Apple PencilはiPadの機種によって対応/非対応があり、さらに対応機種の中でも機種によって対応している世代が違います。

その点も必ず注意して購入しましょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,081 (2024/05/27 15:37:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥16,121 (2024/05/27 23:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

お絵描きガチタイプにおすすめな練習方法

お絵描きガチタイプの人であってもエンジョイタイプの人と同様に楽しんで上達できるのがベストです。

ただしガチタイプの人の「楽しい」は自分の上達が感じられた時人から評価された時など、

ただ率直に楽しんで描いただけでは得られない事柄が多く、自分の思い通りにならない事や心が折れそうになる場面もとても多いのが特徴です。

なので強い心を維持するためにも絵に向き合うための覚悟が必要であり、自分がどうなっていきたいのか目標を明確にした上での練習が大事です。

  • どんなテイストの絵を描きたいか
  • どういう方向性の仕事をしていきたいか

など、絵描きとしての自分の目標を設定し、練習の際は必ずその目標に沿った練習をしましょう。

もちろん初めからハイクオリティなイラストを描く事は難しいので、例えば

「今日は描いてみたいと思う線をひたすら練習してみよう」

「今日は目指しているテイストでファンアートを描いてみよう」

など目標を絡めつつ時間をかけてコツコツとより多くの練習をしていく事が大事です。

量はとにかくたくさん描きましょう!

意味のある練習であれば、量は多ければ多いほど上達します。

また私は試した事はありませんが、一気にレベルアップしたい!という方にはさいとうなおき先生が出版している「3ヶ月上達法」を実践するという手もあります。

さいとう先生曰くかなりの劇薬らしいので、興味のある方のみ試してみるのが良いかも…!

created by Rinker
¥2,156 (2024/05/27 06:31:18時点 Amazon調べ-詳細)

お絵描きガチタイプに大事にしてほしい心がけ

お絵描きガチタイプの人にはさらに

  • 左脳タイプ(理論派)
  • 右脳タイプ(感覚派)

このふたつのタイプがいるかと思いますが、特に右脳タイプの方に心がけてほしい事があります。

それは

  • 時間がかかっても焦らずにコツコツと意味のある練習をし続ける
  • 周りは気にせず自分の上達や目標達成のために絵を描き続ける

という事です。

右脳タイプの方はプロになりたいという強い意志がある場合でも、

繊細で表現力豊かな感性の影響で心を病んで絵を描き続ける事が難しくなってしまう方が多くいるように感じております。

周りよりも上達が遅かったとしても、しっかり意味のある練習を続ける事で、なりたい自分になる事は十分に可能です。

絵を描くのをやめてしまったらそこで試合終了ですので、マイペースを保ち焦らずにコツコツと絵を描き続けてください!

さいごに

イラストは年齢問わずいつでも始められるのが最高の利点です。

その中でもデジタルイラストであれば低コストかつ場所をとらずに初める事もできます。

お絵描きエンジョイタイプの方もガチタイプの方もぜひ自分に合った道具や練習法、楽しみ方を試してみてください!

Twitterやってます!

記事紹介や絵描きさん向けアンケートやってます!

ミートポーク・
ニクスキー

ぜひフォローよろしくお願いします!

この記事が良いと思ったら是非シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です